• Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation

  • Daimler India Commercial Vehicles

  • Choose Language

FUSOブランド



「ふそう」の誕生は1932年(昭和7年)。三菱重工業の神戸造船所で製造されたB46型バスにつけられた名前でした。当時、先駆的だった車両は全長7メートルの38人乗りで、100馬力のガソリンエンジン(最高速度70 km/h)を搭載していました。

80年以上経た現在、FUSOブランドはダイムラー・トラックで最大の生産台数を誇ります。アジア、アフリカ、南米、中東など経済成長が著しい地域を含め、世界160カ国以上で存在感を高めつつあります。

世界中のお客様の高いご要望に応えるため、FUSOは信頼性および品質が高い最先端のトラックを提供しています。世界的に有名な小型トラック「キャンター」、中型トラック「ファイター」、大型トラック「スーパーグレート」を始めとして、インドで生産する新型FUSOまで幅広いラインアップを揃えています。

FUSOは世界の小型トラック分野でフロントランナーです。FUSOの代名詞とも呼べるキャンターは、1963年の販売開始から50年以上の歴史を有します。また「キャンター エコ ハイブリッド」「eCanter」といったハイブリッドトラックや電気トラックなど代替燃料技術の開発を積極的に行っています。

FUSOはお客様を最大限にサポートするため、あらゆる部品や修理などのサービスを提供しています。

  • 小型トラック「キャンター」

    小型トラック「キャンター」

  • 「キャンターエコハイブリッド」

    「キャンターエコハイブリッド」

  • 中型トラック「ファイター」

    中型トラック「ファイター」

  • 大型トラック「スーパーグレート」

    大型トラック「スーパーグレート」

  • 大型トラック「FJ」

    大型トラック「FJ」

FUSOの新型ラインアップ

FUSOは2013年、世界の成長市場向けに開発した新型ラインアップを販売開始しました。新型モデル「FA」、「FI」、「FJ」、「FO」、「FZ」はインド・チェンナイにあるDICVのオラガダム工場で生産しており、ダイムラー・トラックの技術、日本が誇る高い品質、そしてインドの開発力が活かされています。

FUSOブランドは信頼性と経済効率が高く、頑丈で機能的なデザインを備えた製品、そしてきめ細かいサービスの提供を誇ります。当社の車両設計、開発、実験、生産、販売サービスを通じ、私たちがお客様やドライバー、ビジネスパートナーの皆さまから選ばれるブランドでありたいと強く願っていることを実感ください。