• Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation

  • Daimler India Commercial Vehicles

  • Choose Language

企業倫理

コンプライアンス管理システム

コンプライアンス管理システム(CMS)と継続的リスク管理の基本は、グループ全体で行われている全ての事業単位における体系的なリスク分析です。各事業単位のビジネスモデルと、それに関連する一般条件や契約当事者間の関係の種類等、質的・量的要因が評価されます。

コンプライアンス管理システムは7つの要素によって構成されています:

  • CMSの基本としての、倫理・インテグリティの重要性に対する意識、また「経営トップの意向」。
  • 一般的な企業目的に基づくCMSの不可欠な目的の定義。
  • 組織構成と運用構成、役割と責任の決定、また必要な人材の割り当て。
  • 重要なコンプライアンス・リスクの特定と、リスク特定・リスク緩和のための体系的な取り組みの導入。
  • コンプライアンス・リスクの緩和及び不正防止のための基本的なプロセスの導入。
  • 従業員、及び必要に応じて外部関係者に対する、CMSについての情報・研修の提供。
  • CMSの妥当性と有効性のモニタリングと報告、及び脆弱性の継続的改善。