• Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation
  •  Daimler India Commercial Vehicles
  • Choose Language

Mitsubishi Fuso Deploys Gas Engine Cogeneration System at Kawasaki Plant

  • ・職場環境・作業環境を向上します
  • ・CO2排出量を削減し、環境保全に寄与します
  • ・エネルギー効率を向上し地球環境に優しい工場を目指します

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:ハートムット・シック、以下 MFTBC)は、川崎工場にガスエンジンコージェネレーションシステム*を導入し、運用を開始したことを発表しました。

今回、20年間使用していたガスタービン式コージェネレーションシステムを最新のシステムへと変更し、加えてシステムに合わせた冷暖房システムの大規模リニューアルを行ないました。

今回導入した発電電力5,750kWのガスエンジンを利用することで、川崎工場で使用する電力量の約半分をまかないます。また、発電時の排熱を利用した冷温水ネットワークを構築し、セントラル冷暖房システムとして川崎工場内に点在するオフィスや生産ラインの冷暖房に活用し、職場・作業環境の大幅な向上を図っています。2018年12月末に川崎工場敷地内に完成した本社「プロダクトセンター」へも導入しました。生産プロセスに利用する電力の供給だけでなく、発電時の排熱を冷暖房として同時に利用することで、エネルギー効率を高め、CO2排出量を削減し、地球環境保全に寄与していきます。



                          システム概略図



*コージェネレーションは1次エネルギーから2種類以上の2次エネルギーを連続的かつ同時に生成するシステムです。発電時に発生する廃熱を利用して蒸気や温水を作り、生産ラインに供給することでエネルギーをより効率的に活用できます。


ページトップ写真 左:導入したガスエンジン/右:新エネルギーセンター

Florian Laudan

Head of Communications
Daimler Trucks Asia
+81 44 330-7970



Humza Ahmad
Manager, International and Domestic PR
Corporate Communications
Daimler Trucks Asia
+81 44 330-7857