• Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation
  •  Daimler India Commercial Vehicles
  • Choose Language


南アフリカ市場に新たにふそうブランド車両を展開

中型トラックFAを導入

ふそうブランドの中型トラックFAを戦略市場である南アフリカに新たに投入

お客様の選択肢を拡大し、更なるマーケットシェアの拡大を目指します

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(以下、DTA)として協業するDaimler India Commercial Vehicles Pvt. Ltd(以下、DICV社)のオラガダム工場で生産したFUSOブランドのトラックを南アフリカ共和国にて発売を開始しました。

MFTBCは2002年以来、大・中・小型トラックを南アに投入しており、2002年からはダイムラーAGの100%子会社であるMercedes-Benz South Africa Limited(以下、MBSA)が販売を担当しています。

「南アは商用車の総需要がアフリカにおいて近年最も高く、当社の戦略的市場の一つです。ふそうブランドの車両は、既にケニヤ、タンザニア、ザンビアなどのアフリカ諸国に2013年より導入しており、その高い耐久性と燃費性能において評価を得ています。よりお客様に満足頂ける車両を展開することで、南アでの更なるシェア拡大を目指します」(MFTBC取締役副社長兼セールス・カスタマーサービス本部長:ミヒャエル・カンパー)

MBSAとは

MBSAは南アフリカ、ハウテン州のスヴァルトコップスに本拠地を置き、メルセデス・ベンツの乗用車、トラック、バン、バスとスマート、またフレイトライナー、MFTBCとウェスタンスターのトラックの販売を行うDaimler AG 100%子会社です。MFTBCは車両総重量5~26トンの小型・中型・大型トラックをMBSAのEast London工場にてKD生産を行っており、30の拠点を通じて南アフリカ全土に販売しています。

2016年2月にリージョナルセンターが南アに発足