• Mitsubishi Fuso Truck and Bus Corporation
  • Daimler India Commercial Vehicles
  • Choose Language

ダイムラー・トラック・アジア

2つの組織 1つの商用車ポートフォリオ
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us
DICV About us

2つの組織の融合により

多彩な商品ラインアップが

可能になります


ダイムラー・トラック・アジア(DTA)は、三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)とダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)の2社が構成する戦略組織です。両社の強みを活かし研究開発から調達、生産、輸出、販売・マーケティングに至るまで幅広い分野で協業し、お客様にとって価値の高い製品を提供します。

80年以上の歴史を持つ三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)と成長著しいインドで新興したダイムラー・インディア・コマーシャル・ビークルズ(DICV)は、ダイムラー商用車部門の重要な子会社です。2社を合わせた販売台数はダイムラー商用車部門の販売総数の約3分の1を占めています。私たちは両社の強みを活かしたダイムラー・トラック・アジア(DTA)という組織を形成し、世界の商用車需要やお客様の多様なニーズに応えています。

DTAの製品ラインアップは、FUSOブランドの日本・海外成熟市場向けモデルおよび海外成長市場向けモデル、そしてインド市場向けのバーラト・ベンツブランドのモデルで構成されています。

DTAは2社それぞれの本社に加えて、神奈川県川崎市とインド・オラガダムに生産拠点を置いています。またインド・バンガロールにソフトウェア研究開発センター、栃木県の喜連川にMFTBCのテストコース、そしてインド・チェンナイにDICVのエンジニア拠点を置いており、DTAとしてこれらの施設を有効活用しています。

両社がDTAとして協業することで様々なメリットを享受できます。サプライヤー網を効率的に構築・管理し高品質な部品を低価格で調達、またコスト競争力のある製品を開発・生産するなどして事業を拡大しています。

共通戦略を掲げて2社が協業する組織の利点は、こうした技術的な側面だけでなく、人財の多様性にも及びます。さまざまな能力を持つ人財の交流を図り互いに学びながら協力し合うことで、文化融合が深化、また多様性を生み出すことができます。

DTAは2016年、世界160カ国以上の市場で約144,000台の車両を販売しました。従業員数は約15,000人となっています。

両社の親会社であるダイムラー社はメルセデス・ベンツブランドなどのトラック・バス、商用バンを扱う商用車事業部門やメルセデス・ベンツブランドを扱う乗用車事業部門、ファイナンシャル・サービス事業部門などを擁する世界最大の自動車メーカーです。同社はMFTBCの株式を89.29%、DICVの株式を100%保有しています。